#

JCP-NETとは、株式会社東海共同印刷が提供する日本共産党の 議員・候補者・党組織のIT活用、インターネット活用を支援するためのサービスです。

運営会社

(株)東海共同印刷は、社会進歩、平和と民主主義をめざす運動の発展を願う人々の資金と努力によってつくられました。

その期待に応えるべく、日本共産党の宣伝物を数多く手がけています。印刷物にだけでなく、ネット上での日本共産党の宣伝・コミュニケーション活動の支援、IT・情報処理技術の活用を支援するためのサービスを提供しています。

設立の精神

(株)東海共同印刷は、社会進歩、平和と民主主義をめざす運動の発展を願う人々の資金と努力によってつくられました。

(株)東海共同印刷は、社会進歩、平和と民主主義をめざす運動の発展のために、その宣伝、出版活動の分野で寄与することを目的としてつくられました。

(株)東海共同印刷は、これらの運動の担い手たる人々の政治的・経済的地位の向上とともにあります。

(株)東海共同印刷の全ての構成員は、自らの労働条件の向上と社の発展ならびに目的の実現とを統一して追求するように努めます。

経営理念

お客様とのコミュニケーションの創造により、印刷・出版を中心とした情報メディア事業を通じて、社会の進歩と豊かな市民社会の実現に寄与します。

会社概要

名称 株式会社東海共同印刷
所在地 本社/〒467-0851 名古屋市瑞穂区塩入町17-6
東京営業所/〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-5-5 新宿農協会館8階
荒浜工場/〒457-0831 名古屋市南区荒浜町1-2-5
電話番号 本社/(052)822-7281
東京営業所/(03)6276-2588
荒浜工場/(052)611-6101
ファックス番号 本社/(052)822-3359
東京営業所/(03)6276-2568
荒浜工場/(052)611-6102
創業 1953年(昭和28年)5月(旧社名=星光印刷)
設立 1974年(昭和49年)4月(株)東海共同印刷
資本金 5,000万円
代表取締役 古田 光由
年商 12億円
社員数 86人
主な部署 営業、デザイン、システム開発、製作部門、印刷工場
主な取引先 240法人・団体・官庁・学校・全国保険医団体連合会様、中小企業家同友会全国協議会様、日本医療福祉生活協同組合連合会、日本生活協同組合連合会東海支所様、東海コープ事業連合様
取引銀行 中京銀行熱田支店、三菱東京UFJ銀行堀田支店、名古屋銀行内田橋支店
工場概要 ●本社/土地=520.7平米、建物=鉄筋コンクリート4階建・1561.25平米
●荒浜工場/土地=834.5平米、建物=鉄骨鋼板2階建・630平米

会社沿革

1953年 5月 星光印刷株式会社創業
1974年 4月 株式会社東海共同印刷創立
1975年 1月 製版の一貫設備導入
1977年 2月 オフセット輪転機導入
1980年 4月 新聞輪転機導入
1983年 3月 電算写植システム導入
1983年 6月 鉛活字を全廃
1983年11月 新社屋完成(中区より移転)
1983年12月 資本金5,000万円に増資
1985年 1月 殖版機導入
1985年 2月 ハイデル菊半裁機2色機導入
1987年 3月 モノクロスキャナー導入
1990年 9月 電算編集システム(EDIAN)導入
1990年 9月 B2偏倍カメラ導入
1990年10月 本社増築
1990年12月 荒浜工場完成
1991年 1月 B2=4/4オフセット輪転機導入
1993年10月 カラー製版設備導入
1993年11月 Macintosh導入
1995年 2月 小森菊全両面機導入
1996年11月 電子編集システム導入
1996年12月 CTP導入
1997年 1月 Webサーバー導入
1997年10月 株式会社中部共同印刷設立
2001年 4月 インターネット上での名刺・ラベル等の無人組版サービス開始
2002年11月 電子編集システム更新
2003年 4月 CTP更新、同時に中部共同印刷との間で2サイト運用開始
2003年 5月 小森菊半裁4色機導入
2004年12月 モノクロオンデマンド印刷システム導入
2005年10月 小森菊半裁4色機(反転機4/0・2/2)導入
2006年 7月 プライバシーマーク付与認定を取得
2006年12月 中部共同印刷のオフセット輪転機更新(B全・2ウェーブ)
2007年6月 ISO9001認証取得
2008年3月 東京営業所開設
2008年5月 カラーオンデマンド印刷システム導入へ